参加型マンションリノベーションという選択!

インフォメーション画像2017-3


総合写真3

" alt="マンションリノベーション,失敗マンションリノベーション,成功するマンションリノベーション,中古マンションリフォーム,マンションフルリフォーム,スケルトンリフォーム,カビ,結露,配管,水廻り,浜,港南,戸塚,栄,磯子,金沢" />

■このマンションリノベーションの動画はこちら・・・


リノーベーションの豆知識

リノベーションに関連した言葉・・・

リフォームという言葉が使われるようになってから、
30年位経ちますが。

 

リノベーションという言葉はそれよりまだ新しく、
世間的に定義が曖昧で色々な使い方がされています。

 

私なりに少し整理してみました。

 

リフォーム・・・

古くなった機器や部屋などを新しくする事。

 

フルリフォーム・・・

全室に渡り古くなった機器や部屋などを新しくする事。
但し、住まい方や機器のレイアウト、動線などの大きな
変化は行わない。

 

リノベーション・・・

間取りの変更や機器のレイアウト、今までなかった機能など
元々の部屋の形態を一新して行うリフォームの事。

 

スケルトンリフォーム、スケルトンリノベーション

部屋の造作を全て撤去して、コンクリートをムキ出しにして
行う工法の事で、フルリフォームやリノベーションなど
大規模工事で採用します。

 

 

尚、世間では不動産業者が中古マンションを
大規模にリフォームして販売している事を
リノベーションと云っているきらいもあるようです。

 

私は上記のように大雑把に考えています。

 

 

 

予算が十分な場合の考え方・・・

 

スケルトンにしてリノベーションする事をお奨めします。

 

既存部分を使わない事で、解体費用や造作費用が
掛かりますが、その分、精度の高いリノベーションが出来ます。

 

既存部分の利用は経済的ですが、狂いや
将来的な耐久性の問題が残ります。

 

古いマンションでは当時の建築の技術水準上の問題で
精度がそれほど高くありません。

 

スケルトンでリノベーションを行う事で床の水平や壁の
垂直などが正確に施工できます。

 

古い造作を再使用した場合のように既存の状況によって起こ
る問題は遙かに少なくなります。

 

又、全解体を行う事で、ウレタンの吹き付けが
可能になり効果の高い断熱工事がローコストで出来ます。

 

配管の交換の際にも配管の全容がわかり、
適切な工事がローコストで出来ます。

 

上記の様に、スケルトンは費用が高めになりますが、
メリットも多くあります。

 

 

予算が足りない場合の考え方・・・

 

リノベーションの計画中に予算の不足が分かった
場合にはいくつかの対応方法があります。

 

尚、これはあくまでも建築的な方法論です。

 

なるべく部屋を間仕切りしない・・・

間仕切りを作ると、壁と建具の造作に費用がかかるので、
出来るだけ間仕切りしないことは有効です。

 

間仕切りが必要な部分はカーテンや家具などで仕切る。

 

既存の造作をなるべく使用する・・・

既存の部分で使用出来る部分はなるべく使用する。

 

機器類などは交換するが、床、壁、天井建具、木枠など
使用出来る部分は塗装、クロス貼り替え、などを行い
再使用する。床なども、補強してその上に重ね張りをする。

 

但し、結露防止の断熱工事が必要な部分や水廻りの
配管交換に関わる部分は造作を壊して性能改善を行う。

 

計画的分割リノベーション・・・

最終的な完成図面を書いておき、その計画を2分割
又は3分割して、リノベーションを行う方法。

 

仮に、全体計画で900万円掛かるとして、
今回捻出できる費用が450万円だとしてら・・・

 

最終計画書に従い、今回は450万円以内でリノベーションを行います。
例えば、今回はキッチンを含めた水廻りを350万円で行い、
100万円でダイニングのリフォームまで行う。

 

次回は、リビングや居室、玄関などを450万円掛けて行う。
という考え方です。

 

ポイントは事前に全体の計画図面を作成しておく事で
無駄なく工事範囲の区切りが出来る事です。

 

アリキリ品質バナー

 

 

リノベーションの施工管理の難しさ・・・

 

施工管理の基本は計画した事が計画通りに
行われるよう、管理確認する事ですが

 

リノベーションやリフォームでは、新築と違い
既存建物を開けてみないと分からない

 

と云う現実の状況が在り、どんなにしっかり
計画しても、解体して見たら計画通りに
出来ない事が往々にして起きます。

 

その為に、職人さん任せには出来ないのです。
お客様と打ち合わせした事を出来るだけ忠実に
行う為には、施工管理が本当に重要です。

 

又、ちょっとした事でも、やらなかった場合、
後からでは大変な事になるのがリフォームです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせバナーブルー

知って欲しいバナーブルー

 

 

 


キャンペーン実施中! 動画でリノベーション紹介 お客様の声 お問い合わせ 社長・スタッフ紹介